サンヨネのモットー

相談役 三浦米三郎(三代目)

「おいしい、新鮮、安全な食品を、
よりお安く販売します」
「お客様・社員・お取引先の皆様に
心から喜ばれる事業を目指します」

相談役 三浦米三郎(三代目)

BIGではなくGOODがサンヨネ流

私たちサンヨネは、豊橋・豊川・蒲郡等、東三河地域を地盤にした食品流通グループです。
その基本理念は、「おいしくて新鮮、安全な食品を可能な限りお安く」提供することを通じ、世の中のお役に立つことです。

サンヨネは現在、食品スーパー5店舗、加工・配送センター1箇所の計6拠点、年商約200億円、約600名の社員が従事しております。 ただ、私たちは決して “BIG”な会社を目指すのではなく、“GOOD”と呼ばれる事業経営をつねに目指したいと考えております。
つまり、お客様から、社員から、そしてお取引する生産者やメーカー・問屋の方々から「付き合ってよかった」、「ぜひお付き合いしたい」と言っていただけるようなGOODな会社になりたいのです。

そんな私たちサンヨネの社風を一言で表現するならば、三河地方の地域性である「質実」、または「堅実」という言葉が適当かと思います。 格好よさや派手さよりも、誠実に、役立つことを徹底して実践していく、それがサンヨネ流です。

お客様と社員に喜ばれるように

たとえば、私たちは営業方針として、チラシやCMなどの広告宣伝を一切しません。
これは、毎日の食卓に欠かせない食品を「つねにより良い品質で、より安く」提供するためには、宣伝経費をかけず、その分、品質向上や価格低下に努める方が消費者のメリットになると考えているからです。 チラシを見なくても、サンヨネにいけばいつでも安心して満足できるものが買える、そんな、お客様から信頼を得られる商売、そして経営をしたいのです。

良品廉価を実現するために、私たちは、広告宣伝しないこと以外にも、生産者と一体化した商品開発や産地直送のルートづくり、無借金による健全な財務体質づくり、小さな本社づくり等々の取り組みをしておりますが、何よりも重要な特長は、サンヨネでは、お客様と接している(=お客様の声をもっともよく知っている)現場社員に強い権限があり、社員一人一人が、自ら考え、決め、実行することを重視していることです。
自らの良心と権限に基づき、お客様に喜ばれる商売を日々実践する。 とても生き甲斐のある仕事であると思いますし、また、そんな社員一人一人の人生を生かす職場(=舞台)を提供することこそ我々経営者のつとめだと思うのです。

最後に

いま、あなたとは何かのご縁があって、このホームページを通じ、私どもサンヨネについて、理解を深めていただこうとしているわけですが、「良質な食品を、まじめに販売することで世の中に役に立とう」とする我々の考え方にご賛同いただき、また、あなた自身の人生にとっても、意味のある活躍の舞台(つまり、あなた自身が世の中の役に立つ舞台)として役立ちそうだとお感じでしたら、どうぞお気軽に私どもの会社をのぞいてみてください。
これが良きご縁の始まりとなれば幸いに思います。